神戸インフォ

神戸インフォメイン画像

神戸の観光名所

神戸には様々な観光名所があります。

北野異人館街

北野異人館街画像

日本が明治時代に開国した時、多くの外国人が神戸を訪れました。その時には、外国人の方の居留地にたくさんの異人館が造られたのです。異人館の中には中が見学できる所も多く、異国情緒あふれる美しい洋館を楽しむことができます。日本に居ながら異国情緒を楽しめるとあって、多くの観光客でにぎわっています。やっぱりこういう所に行くと、異世界感と言いますか、非日常感を楽しめるのがいいですよね。フォトジェニックな風景が広がっていますので、是非写真を撮ったりするのをわすれずに!インスタ等においても「ばえる」こと間違いなしでしょう。きっと友人も羨ましいと思うはずです。

所在地〒650-0003
兵庫県神戸市中央区山本通
開館時間9:00~18:00
公式サイトhttps://www.kobeijinkan.com/

神戸市役所展望ロビー

無料で24階からの神戸の眺望を楽しめるスポットです。ポートアイランドメリケンパークを見る事ができるほか、天気が良ければ紀伊半島まで見ることもできます。展望室のあるビルというのは時折ありますが、多くの場合これらは有料であったりします。しかし、こうした市役所や区役所に展望室が併設されている場合、無料で楽しむことができたりします。リーズナブルに楽しめますので、是非行ってみてくださいね。無料というのはやはり、行政によって運営されていることが挙げられるとおもいます。

所在地〒650-0001
兵庫県神戸市中央区加納町6丁目5−1
開館時間平日:8:15~22:00
土日祝日:10:00~22:00
公式サイトhttps://www.city.kobe.lg.jp/a28956/shise/about/building/24kai_lobby.html

神戸ポートタワー

神戸ポートタワー

神戸ポートタワーは、神戸港の近くに建てられた大きなタワーです。中央部がくびれたようなデザインになっているのが特徴です。展望フロアは有料ですが、地上近くのフロアは無料で、ショッピングなどを楽しむこともできます。こういう高い所に登れる展望台等は全国にありますが、やっぱりせっかく観光に来たからには上りたいですよね。観光地でこうした展望タワーが流行るのはやはりその街並みを一望できるという楽しみがあるからだと思います。国内のタワーとしては、東京タワーや、スカイツリー、通天閣等が挙げられますが、こうした所は絶え間なく多くの観光客が訪れていますよね。

僕もこうしたタワーに上るのは非常に好きであるため、全国津々浦々に行った時には、できるだけ登ってみる事にしています。海外旅行に行った時もそういったタワーに上ることは結構ありますね。世界一高いと言われているドバイのブルジュハリファに行ったりもしました。高い所に上ると当然飛行機に乗っているかのように、地表の物が豆粒のように見えて面白いですが、あまりに高すぎると逆に細かいところが見えなかったりします。つまりどういうことかというと、展望タワーというのは高い所に上っても、低い所に上っても、それぞれの楽しみ方があるということになります。とにかくやっぱり高い所に上ると言うのは楽しい事ですし、是非行くべき場所の一つであると言えるでしょう。

所在地〒650-0042
兵庫県神戸市中央区波止場町5−5
開館時間9:00~20:30
公式サイトhttp://www.kobe-port-tower.com/

神戸港

開港は150年前という非常に歴史のある港です。国際的な貿易の拠点となり、世界の文化が神戸へと伝わり、神戸から全国へと伝搬していったのです。現在でも数多くの客船が訪れたりするなど、賑わいの絶えない場所でもあります。豪華客船を見るとああいうのに乗って世界を旅したいなあと思ったりしちゃいますね。外国の船が見れると言うのはそれだけでかなりテンションが上がるので、神戸に来た時にはちょろっと港にまで足を運んでみると言うのも乙な物といえるでしょう。

開港年1868年1月1日
公式サイトhttps://www.city.kobe.lg.jp/z/kowankyoku/kurashi/access/harbor/index.html

ルミナリエ

毎年12月ごろに非常に綺麗なライトアップを見ることができます。1995年の阪神淡路大震災で亡くなった方々を追悼するために始まったものであり、幻想的で美しいイルミネーションを一目見ようと多くの人々が訪れます。

時期毎年12月頃
場所旧居留地
公式サイトhttps://kobe-luminarie.jp/

六甲山

六甲山画像

六甲山は神戸に存在する山で、バーベキューはアスレチックなどもあるなど、様々な楽しみ方ができるスポットです。アスレチックの規模は日本最大級とも言われており、子供から大人まで楽しむことができます。六甲山は僕の父親も興味を示しており、南海電車に乗って行きたいと言っていますので、そのうちに家族で行きたいと考えています。大人になると、家族旅行も基本はあまり行かないといいますか、どちらかと言えば自分に家族が出来てその家族を旅行に連れて行ったりしますよね。しかし僕は未だ実家の親と旅行に行こうとしているというわけです。

ちなみに六甲山にはケーブルカーがあります。紅葉の時期は多くの人でにぎわいます。ケーブルカーの見た目は結構レトロでオシャレな感じなのが特徴です。2両編成となっており、後の方は展望車となっているのが特徴です。こういった乗り物において、展望者というのはやっぱり嬉しくなりますよね。景色も良いですし、乗っていて非常に楽しいです。電車でもやっぱり一番前の席に座って景色を楽しんだりしたいですよね。繁忙期はかなり混雑したりもするので、譲りあって利用するようにしましょう。

標高932m
公式サイトhttps://www.rokkosan.com/top/

神戸ハーバーランド

神戸ハーバーランド画像

1980年代に営業を終了した工場や貨物駅の跡地では再開発が行われました。様々な大型店舗が出店し、横浜の「みなとみらい21」と並ぶ大規模な開発として注目されていました。ハーバーランドの対岸にはメリケンパークがあり、全体としてこのあたりは新しい建物が多く、現代的な雰囲気が強いのが特徴かもしれません。もっとも、都市部の臨海エリアというのはそもそも開発されたのがここ30~40年という場合が多く、必然的に新しいイメージになると言えるでしょう。同様のパターンとしては、横浜や、東京の湾岸エリアが挙げられますね。湾岸エリアは、ベイエリアと呼ばれたりもしますよね。東京の湾岸エリアも0年代前後に造られた感じがします。

所在地〒650-0003
開館時間9:00~18:00
公式サイトhttps://www.harborland.co.jp/

有馬温泉

有馬温泉画像

神戸の有馬温泉は、日本で最も古い温泉として知られています。紅葉シーズンは多くの人でにぎわい、女子旅でも人気を集めています。有馬温泉へのアクセスとしては、三宮から30分程度とアクセス性が良いこともあり、手軽に行ける観光地の一つでもあります。温泉と言うのはやっぱり日本人の心と言っても過言ではありませんよね。大きいお風呂に入って足を伸ばしてくつろぐのは非常に最高です。お風呂上りに飲む牛乳なんかも最高ですよね。冬場に露天風呂に入ったりするのも最高です。

温泉旅行というと家族で行ったり友達と行ったりするのはもちろん、1人で行っても良いものですよね。普段の疲れが飛んでいくような、そんな魅力が温泉にはあるような気がします。

所在地〒650-0044
兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目3
営業時間旧居留地
公式サイトhttps://www.harborland.co.jp/

南京町

南京町画像

いわゆる日本三大チャイナタウンの一つです。中華街と言えば横浜の中華街が有名ですが、神戸 の南京町の中華街も負けてはいません。非常に本格的な中華料理を食べることができます。中華料理と言えば色々ありますが、個人的におすすめなのは「小籠包」ですね!パクっと食べた時に口に広がる熱々の肉汁がたまりません。サイズが小さいのでたくさん食べましょう。10個でも20個でもいけてしまいます。最近は色んな味(フレーバー)の小籠包が楽しめますので、その点においても色々食べたほうが良いと思われます。

小籠包以外にもおいしい中華というのは、たくさんあります。美味しい中華の話をしだしてしまうと、キリがありませんが、中でも特におすすめなものを紹介するとすれば、刀削麺が挙げられます。刀削麺は、きしめんのように平べったい麺を使った、ラーメンの亜種のようなものです。中でも個人的に特におすすめなのが、「麻辣刀削麺」です。いわゆるマーとラーが効いており、しびれる辛さがたまりません。唐辛子の辛さとはだいぶ違う感じですね。一度ハマると何度でも食べたくなってしまいます。かなりクセになってしまいます。

中華料理と言えば、やっぱり普通に辛いものも多いわけですが、中華料理店で中華料理を食べている本場の中国人は「へっちゃらだ」という様子を見かけることが多々あります。真っ赤な凄い唐辛子をモリモリ普通の顔をして食べていたのは中々衝撃的でしたね。

住所〒650-0023
兵庫県神戸市中央区栄町通1丁目3−18
公式サイトhttps://www.nankinmachi.or.jp/

神戸市立博物館

1935年に建てられた銀行の建物を利用した博物館です。様々なものが展示されており、ガラスコレクションなどは非常に美しいものです。これは是非行った方が良いのではないでしょうか。博物館というのは普段は目にすることのない物を間近で見られたりして楽しいですよね。個人的には変わった機械だとか、昔のコンピュータみたいなものが好きですね。また、地域の博物館は、その地域の歴史や文化を一部を味わう事も出来るのが良いと思います。

住所兵庫県神戸市中央区京町24
アクセスJR三ノ宮駅から徒歩10分
営業時間10:00~16:30(最終入館)

神戸文学館

元々は関西学院のチャペルです。神戸ゆかりの文学者の作品や資料などが多数展示されています。見た目はレンガ造りでとてもノスタルジックないい感じの建物です。こういった所では写真撮影などを楽しむのも良いですよね。写真撮影に夢中になりすぎないようには注意してくださいね。文学というのは、架空の世界を楽しむことができるいわばひとつの娯楽であると考えられます。文学という文字だけ見るとどうしても結構難しいイメージがありますが、肩の力を抜いてゆっくりと楽しめれば良いんじゃないかなあと思ったりするわけですね。

住所〒657-0838
兵庫県神戸市灘区王子町3丁目1番2号
アクセスJR灘駅北出口から北西へ約600m
営業時間平日9:00~18:00
土日祝日9:00~17:00

神戸市立王子動物園

130種類もの動物が飼育されている大規模な動物園です。コアラとパンダを同時に見れるという日本唯一の動物園です。動物好きの方にはたまりませんよね。普段生活していると動物と触れ合う機会というのは当然ながらあまりありませんよね。こういった動物園に出掛けたりとかして、動物を見たり触れ合ったりするのが良いと思われます。可愛らしい動物を見ていると心もきっと癒されるのではないでしょうか。

動物はあまり詳しくないのですが、大きく分けると「かっこいい感じ」の動物と「可愛い感じ」の動物に大きく分けることができると思います。例えばライオンやトラはかっこいい感じで、パンダとかネコなどはかわいい感じになるのではないでしょうか。子供連れの場合、男の子でも女の子でもどちらでも楽しめると思います。

住所〒657-0838
兵庫県神戸市灘区王子町3丁目1
営業時間9:00~16:30
公式サイトhttp://www.kobe-ojizoo.jp/