遺言書は作った方が良い?

in 未分類

遺言書って必要でしょうか?

遺言書があることでトラブルを回避できるケースがたくさんあります。
遺言書がなかった場合、遺産相続で残された家族や親族がバラバラ争うこともしかするとおるかもしれません。
例えばあるAさんという女性がいたとします。Aさんは夫と二人暮らし。子供もおらず、夫の両親はすでに他界していたとします。
夫は生前、もし自分が死亡した場合妻であるAさんに遺産を全額相続させたいと考えていました。

そして、夫が亡くなり、Aさんが全額相続しようと話を進めていたら、いきなり疎遠だった夫の姉が4分の1を相続する権利があると主張してきました。
姉弟仲も悪くほぼ絶縁状態だった兄ですが、彼も法定相続人のため遺産を受け取る権利があります。
もし夫が全額をAさんにという遺言書を生前にしっかり用意していたらこんな争いは起きなかったでしょう。また内縁関係の相手に遺産を残したい場合にも遺言書は絶対必要です。

もし夫婦間以外でできた子供に相続した場合も遺言書で認知をすることで財産を相続させることができます。

北九州の弁護士|遺言の作成方法