会社が破産する時、申立を東京地裁にするとお得!?

in 未分類

止むを得ず、経営が不振などの理由で会社を破産させることになった場合、裁判所に破産を申し立てる事になります。
さまざまな手続きにかかる費用として、「予納金」を裁判所に支払う必要があります。

「予納金」とは破産時の負債総額によって若干の差異はありますが、基本的にはだいたい決まっていたりするものです。
負債は大体五千万円で七十万円と言われています。

しかし破産するような状態なわけですから、こうした金額もできるだけ低く抑えたいですよね。
東京都に会社(法人)の登記がある会社の場合は東京地裁に破産を申し立てるとその費用が大体20万円で済むというメリットがあります。
2015年以前は、東京に登記が無い法人も東京地裁に破産の申立ができたのですが、最近は東京に法人登記があるもののみとなってしまいました。

そうした場合でも場合によっては経営者が東京に住んでいるなどの理由によって東京地裁へ申立ができる場合がありますので、
詳しくは弁護士に問い合わせるなどしてください。

会社破産の手続きを行う弁護士|東京地裁への申立

会社の破産や倒産でお悩みなら

in 未分類

会社の資金繰りが悪化し、借金の取り立ても厳しい…とんな時には是非とも弁護士に相談するようにしてください。
そのまま放置していても状況は悪化してしまうだけなのです。

そして弁護士に依頼し、弁護士が「介入通知」を送ることで取り立てをストップさせられるのをご存知ですか?
是非とも利用するようにしてみてくださいね。

会社破産・会社倒産を扱う弁護士

離婚で悩んだら…離婚問題解決までの流れ

in 未分類

離婚で悩まれたことなどはありますでしょうか。離婚とは婚姻した状態の夫婦が再び他人同士として別れてしまうことを指します。

離婚なんてせずに済むのが一番正解なのでしょうけれども、
余りにも婚姻生活を 継続しがたい場合などにおいてはやむを得ず離婚をすることになる場合もあることでしょう。

そうした時には離婚届に記入して役所に提出することで、離婚が成立することになります。
そして離婚届には子供がどちらの親につくかという「親権」を書くところがあります。

親権については、元夫と元妻のどちらかが選択されることになります。
この親権をどうするかとこいったことや、子どもを育てるのにかかる養育費をどうするかといった事などで夫婦の間で話し合うことになります。

北九州の弁護士|離婚問題の流れ

ロイヤーポータルへようこそ!

in 未分類

このウェブサイトは法律関連情報を提供するサイトです。

皆様是非ゆっくりとご覧ください。